経営者にITのエッセンスをお届けします! 気軽にIT

クールサイト・エス・アイの石井です。
このブログは経営者の皆様が知っておくべきITのエッセンスをお届けするブログです。

私も会社を創って21年。
忙しい毎日を送っています。

新型コロナ騒動以後の社長のIT知識

私は仕事に関わる情報はあの手この手で入手していますが、
自分の専門分野以外の情報を入手することは難しいです。
経営者はやることが沢山ありますからね。

今回のコロナ騒動で一気にテレワーク、ネットミーティングも多くなり、
経営者は益々ITの知識が必要になってきました。

ネットミーティング

ただでさ忙しい経営者がITの知識を身に着けるのは大変です。

しかしITを社員や業者に依存するのは少し危険なこともあります。
もちろん詳細や実務は社員、業者に任せてもよいのですが、
やはり必要なITのエッセンスは社長が押さえておくべきです。

社員任せ、業者任せで大丈夫?

中小企業の場合、ITのスキルが高い社員がいない場合も多く、
その場合、よくあるのがコピー機等を入れている販社への相談です。

しかし専門家の目から見るといい加減な提案も多く、
無駄なコストをかけていることも珍しくありません。

もちろん、すべての業者がそうだとは言いません。

私のお客様の例ですが、個人情報を多く取り扱う関係上、
セキュリティを高める必要があり、
UTMという機器(ハードウェアですね)を当社で導入しました。

その後、ある時社員さんのPCを買い換えたら、
コピー機(複合機)でスキャンしたデータをPCに送れなくなるトラブルが発生しました。

コピー機もPCも他の業者さんが入れたのですが、
私はすぐに複合機の通信ソフトを疑いました。
一時代前のバージョンの規約(プロトコル)ものが使われていたからです。

しかしその販社の方は他社で問題なく動いているので、
複合機の問題ではないと言い張ります。

そして、挙句の果てには
「UTMなんておかしな機器を入れているから」
「普通はルーターを使うものです」と言い出しました。

このブログをお読みの方はルーターやUTMを知らない方も多いと思います。
とくにUTMは普通の方は知らない方の方が多いです。
しかし仮にもお客様にネットワークに接続する機器を販売する会社の人間が、
UTMを知らないことに唖然としました。

誰もが知っている大手のメーカーの販社でも、
このようなものです。

因みに社内のフロア内での通信にUTMは介在しません!

社員にしても微妙なところがあり、
仕方ないのですが知識のない社員もいれば、
偏った知識の人もいて、
専門用語を並べて間違えた説明を社長にしている光景をよく見ます。

経営者にITのエッセンスをお届けします

昨年、某コンビニエンスストアがキャッシュレス決済で大失態を演じたのは記憶に新しいところです。
その時のキャッシュレス決済会社の社長の記者会見。

その社長は記者からの質問の回答で、SMSのことをSNSと間違えていました。
SNSはFacebookやtwiitterなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス、
SMSはショートメッセージサービスのことで、携帯、スマホの電話番号で送受信するメールのことですね。

しかし、経営者でSMSやSNSと聞いてすぐにピンとこない方も多い気がします。

私の専門は元々は会計ソフトです。
今は会計並びに、各種業務ソフトを活用して、
経営を効率化、合理化するコンサルティングをメインに活動しています。
Webマーケティングの分野にも力を入れております。

これからこのブログを通して、
出来るだけ分かりやすい言葉で、
社長が知っておくべきITのエッセンスをお届けしてまいります。

コロナ騒動で売上で苦戦している会社が多い中、
Webの活用で売上を伸ばしている会社もあります。

ITを活用してコロナ後のビジネスで勝負しましょう!

気軽にIT